スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語面接の意外な落とし穴!最初の1分編。

英語面接と言っても相手が何人かで結構攻略法が変わってくる。

アメリカでインド人と面接とか

ドバイでオーストラリア人と面接とか、海外で働こうと思えばいろんなシチュエーションがあるもの。

まず、一番気をつけるのは

歯が清潔であること。

特にアメリカ人の場合、歯並びの矯正とホワイトニングは必須。電話面接でもない限り。

それから、握手をする場合、

ギュッと握り返すこと。

弱弱しい握手は相手にやる気のない印象を与えるのだ。

気合をいれて、渾身の「ぎゅっ」をして差し上げようw。

ちなみに、最初に自己紹介とか職務経歴は

ネイティブなど英語に慣れた人に見てもらって台本を作ること。

それを暗記すること。

発音やアクセントなど、気をつけること。

この最初の台本さえ出来ていれば

第一印象は

「英語がきちんと出来る外国人」になる。

20歳過ぎてから英会話やる人のほとんどの人は

どんなにTOEICの点が高かろうと

ジャパニーズアクセントは拭いきれない。

だから、最初の発言だけでも完璧にして

「外国人だけど英語に全く問題のない人」

っていう印象を与えること。

それ以降の問答は、

基本がしっかりしていれば

完璧な英語でなくったっていい。

実際ネイティブだって文法間違えることあるんだし。

リラックスして。

最初が肝心。

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【英語面接の意外な落とし穴!最初の1分編。】

英語面接と言っても相手が何人かで結構攻略法が変わってくる。アメリカでインド人と面接とかドバイでオーストラリア人と面接とか、海外で働こうと思えばいろんなシチュエーションがあるもの。まず、一番気をつけるのは歯が清潔であること。特にアメリカ人の場合、歯並びの...

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。